【星占い】電話占いの占星術について解説

2020 2/01
【星占い】電話占いの占星術について解説

こんにちは 占いで人生が好転した占ぞうです。

今日は、私たちの一番身近にある占い「星占い」についての解説と電話占いではどのよう
にして占うのかをまとめました。

目次

星占い(西洋占星術)とは

生まれた場所と時間の天体図(ホロスコープ)から、その人だけの天体の配置を利用して運勢を読みとる占いのこと。

そして、天体図の中にはさまざまな惑星があり、それは人生の設計図、つまり、運命が描かれた地図のようなものです。

ですので、本来の占星術は星座ではなく、惑星を中心として読みます。

つまり、「今日の星占い」などで、「牡牛座のあなたの今日の運勢は〜」の意味は、「あなたの太陽は射手座にあるので、今日の運勢は〜」という言い方が正しいのです。

星占い(西洋占星術)は科学的に証明できる?

astrology

かつて、天文学者と占星術師は同じ意味があったほど、星占いが立派な天文学として存在した時代がありました。

しかし、本当に星占いが科学的に証明さえれているものなのかは、はっきりとわかっていません。

星占い肯定派の考え

占星術はその昔に科学として扱われていたという歴史があるのだから、惑星の配置や運行に基づいた占いは科学的に証明されていると言える。

星占い反対派の考え

科学として扱われていた歴史があるからというだけでは、科学的に証明されている明快な根拠にならない。

占ぞうの考え

星占いは科学では証明できないと完全に否定しない派です。

ギリシャ神話を読むと、星占いは天文学的な事実と一致する表現なんかも所々にあるし、占星術の歴史は各国にあるのも事実。


とはいえ、実際には惑星や宇宙については人間の脳と同じで、詳しいことは何も分かっていないというのも事実。それを占いとして現代に使えるのかは疑問なのは確かです。

しかし、私は素人ながらに、この辺の惑星や宇宙を現代の人の人生や運命と重ねて利用する星占いには賛成。


なぜなら、この厳しい現実を生きる上で、時には非現実的で不確かなモノに委ねることも必要だと思うからです。

星占い(占星術)の種類と特徴

travellingbasedonzodiac

星占い(占星術)の種類は3つ

星占い(占星術)といっても、西洋占星術、インド占星術、中国占星術などがあり、各国に占星術が渡り、その国の独自の占い法と発展していきました。

西洋占星術は、私たちの身近にあるホロスコープ、星占い、星座占いのことです。朝のニュースの「今日の運勢」などですね。

インド占星術は、自分が生まれた場所と時間の頭上の天体図を、12の部屋(ハウス)に割り当てて占う、インド固有の占星術です。星占い(占星術)の中でも、細かいところまで占えるので、現実の生活に関連する事柄を占う人も多く、インドだけなく西洋の国々でも人気があります。インドでは、インド占星術の占い師は地位がとても高く、稼げる仕事でもあります。ただ、本物を見抜くのが難しいらしいです。

中国占星術は、星の位置とハウスで構成されたホロスコープに中国独自の陰陽五行説などを取り入れた占術を使用した占星術のこと。
日本では密教の一分野である占星術「宿曜道」として知られています。

電話占いでは星占い+スピリチュアルで占う

promotion

電話占いでは、西洋占星術か東洋占星術のどちらかの占術を使いますが、占星術だけで占う占い師はほとんどいません。

多くの占い師が、霊感タロットなどと組み合わせて占います。

占術を組み合わせたほうがより精密な鑑定が可能だからです。

どの組み合わせが良い悪いではなく、占い師さんの能力と占い師さんとあなたの相性で鑑定結果が変わります。


電話占いで人気のある組み合わせは、占星術、四柱推命、九星気学などの統計学で傾向を読みとり、そこから霊感やタロットではっきりとした答えを導き出す方法です。

主に、占星術だけでは、運勢、性格、才能、未来、相性などを占い、そこに霊感がプラスされると相手の気持ちなどが読み取れます。

よくある占星術と合わせた鑑定の例

統計学的占術+霊感・スピリチュアル能力
占星術+霊感
占星術+四柱推命+タロット+霊感
占星術+九星気学+ルノルマンカード+高次元+チャネリング+タロット+霊感

統計学的占術+占術
占星術+ダウジング+九星気学+タロット
占星術+手相+算命学
占星術+紫微斗数

まとめ

星占いのついての解説と電話占いの星占いについてまとめました。

的中率の高さを体験するのに、星占いとスピリチャル能力で占う電
話占い師の鑑定をお試しで受けてはいかがでしょう。

目次
閉じる